WEBシステムの勧め:WEBシステム開発 WEBプログラム制作 セリム株式会社

  1. TOP
  2. WEBシステムの勧め

経営者には働きやすい環境をつくる使命があります。 WEBシステムは強力に現場サイドをバックアップし業務を効率化し、更に安定させる上で重要な役割を担います。 勝ち抜く組織に変革する為にWEBシステムは不可欠です!

WEBシステムの勧め

システム開発とは、ある目的を実現する為に専用に作られた「仕組み」と思えば想像し易いと思います。そしてWEBシステムはさらに「ネットワーク上での通信を介して動作する」という点と「パソコンへのインストールが不要」という部分がクライアント方式のシステムとの大きな違いで、昨今標準化されつつあるクラウドコンピューティングもWEBシステムのひとつと言えます。

組織改革の要諦は意識改革からと言いますが、意識改革という抽象的な語彙をどう咀嚼し、組織に浸透させるか、もっと具体的にどのような手段で意識改革をするのか、更に掘り下げると、どのような意識もしくは認識を共有したいのか。
各組織において若干の違いはあると思いますが、絶対に譲れない条件は、組織の能動的且つ自主的に向上心と志向性をもって活動していること。
この部分を求める事においてに大きな違いはないと思います。

WEBシステムの勧め

では、逆説的に従業員のやる気や意識を低迷させる要因に、仕事の遣り甲斐が上げられます、誰でもできるような単純作業や毎日同じルーチンワーク、変化の無い日常業務等は著しく士気を低下させ組織全体の意識を低迷させます。
人間はあくまで人間にしか出来ない作業をすべきです。
単純な作業はWEBシステムを導入する事でミスなく予定通り確実に作業を行い、人間は臨機応変な対応が求められる仕事や、変化のある作業に特化すべきです。

WEBシステムの勧め

これは、どのような業種や業態であっても例外は無く単なる作業を人間がやっているという事は、コストの無駄・ミスの危険・イレギュラーなリスクを常に伴い、更に、従業員の士気を低下させ組織全体の活力を奪います。
経営者には様々な使命がありますが、その重要な使命の一つに、働きやすい環境づくりや、遣り甲斐ある仕事の創造があります。
WEBシステムは強力に現場サイドをバックアップし、業務を効率化し、更に安定させる上で重要な役割を担います。

用語解説

クラウド

クラウド(crowd)・ソーシングとクラウド(cloud)・コンピューティングの2つがある。
2007年に流行ったのは、クラウド・ソーシングで、企業が自社の業務や問題解決をインターネットなどを通じて、不特定多数の“群集”(crowd:クラウド)にアウトソーシングすること。
現在は、クラウド・コンピューティングを意味することがほとんどであり、クラウドというとクラウドコンピューティングを指すと認識しても差し支えない。
クラウドコンピューティングとは、インターネット上にグローバルに拡散したコンピューティングリソースを使って、ユーザーに情報サービスやアプリケーションサービスを提供するという、コンピュータ構成・利用に関するコンセプトのこと。
インターネットやTCP/IPネットワークは、しばしばクラウド(cloud=雲)と表現される。ここから、インターネット上の“どこか”にあるハードウェアリソース、ソフトウェアリソース、データリソースをユーザーがその所在や内部構造を意識することなく利用できる環境、ないしその利用スタイルを「クラウドコンピューティング」という。
従来のコンピュータ・ネットワークにおいて、ネットワークは単にデータやメッセージが通過する経路であり、エンドノードである個々のコンピュータこそが計算や情報処理を行う主体であった。これに対してクラウドコンピューティングでは複数のコンピュータがグリッドや仮想化の技術で抽象化され、ネットワークで接続されたコンピュータ群が巨大な1つのコンピュータになるという、パラダイムシフトの意味が込められている。
適切な方法で“雲”=インターネットに接続さえすれば、ユーザーは即座に各種のサービスが利用できるという点では、SaaS・ASPに近い。ただし、ASPの時代は特定のサーバファーム(データセンター)で処理を行ったが、クラウドではデータ処理が分散化される場合が想定され、このあたりが“クラウド”というメタファーが使われる理由と考えられる。
この言葉を最初に使ったのは、米国グーグルのCEO エリック・シュミット(Eric Schmidt)といわれている。シュミットは、英エコノミスト誌の特別号「The World In 2007」(2006年11月発行)に「Don’t bet against the Internet.」という一文を寄せ、「われわれはクラウドコンピューティングの時代の中にいる。(中略)このネットワークは真にコンピュータとなるだろう」と述べている。
クラウドコンピューティングは言葉が知られるとすぐにIT業界全体を巻き込む一大潮流となり、ITベンダ各社からさまざまな提案がなされている。クライド技術を社内システムに応用する考え方も登場しており、これはプライベートクラウドと呼ばれる。これに対して、当初のクラウドコンピューティングをパブリッククラウドということがある。

クラウド・コンピューティングの「クラウド(cloud)」は、「雲」を意味していることは先に述べましたが「雲」の中心になろうとしているのが、Salesforce.com、amazon、Googleなど。「雲」は、コンピュータ業界の「電力会社」によく喩えられる。電力会社は何社もいらないので、一部の企業間における競争のみ。「群衆」とは正反対の寡占者。
クラウドコンピューティングサービスの条件
Burton Groupのアナリスト、クリス・ハッダード氏によると、クラウドコンピューティングサービスとは、以下の四条件を満たすものである。

  • ハードウェアの利用率を改善するインフラ共有。(これにより、1台のマシンでより多くのアプリケーション、ユーザー、トランザクション処理に対応可能)
  • セルフサービス方式の迅速な再プロビジョニングと柔軟なワークロード配分を可能にする動的な再構成機能
  • きめ細かなキャパシティー/需要プランニングを実現する柔軟な拡張性
  • 使用に応じて課金するサブスクリプションモデル。(加入契約あるいは使用量に基づいてプラットフォームコンポーネントを購入する、もしくはその料金を支払う)


SEOとSEMって何?

SEOやSEMの仕組みをわかりやすくご紹介します


お問い合わせはこちらへinfo@serimu.com

セリム株式会社 本店

〒462-0003
愛知県名古屋市北区桐畑町31番地

本店事務所

〒465-0068
愛知県名古屋市名東区牧の里2丁目120-1
代表電話 052-909-6006
代表FAX 052-909-6005


Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!